誰でも開発できるようなシステムではなく、まだ誰も手がけたことのないシステムを創る
リファレンスのない世界を自ら切り拓いてこそ、技術者としての価値がある
株式会社アスケイド ASCADE - ADVANCED SYSTEM CONSULTATION & DESIGN

アスケイドは「先取的なアイデアをビジネスとして実現し、育て上げ成功させるためにシステムの側からお手伝いすること」を理念に設立されました。

予測困難な(VUCA)時代のビジネスを支えるため

以来「誰でも開発できるようなシステムではなく、まだ誰も手がけたことのないシステムを創ろう。リファレンス(前例)のない世界を自ら切り拓いてこそ、技術者としての存在価値がある」を企業理念として、進取の気性に富んだ多くのお客様のシステム構築のお手伝いをさせていただきました。

今、テクノロジーの進化がビジネスの変革を促し、ビジネスは環境変化に対応するために新たなテクノロジーを貪欲に吸収する、さらに変化したビジネスは新たな技術革新を加速させる。このようなビジネスとテクノロジーの循環関係が「リファレンスのない世界」を出現させています。まさにアスケイドの理念が求められる時代になったといえるでしょう。

リファレンスなき世界への挑戦

アスケイドの考えるVUCA時代のシステム開発

本来軍事用語であったVUCAという言葉がビジネスの世界で普通に使われるようになって随分と経ちました。VUCAとは、Volatility(変動性)Uncertainty(不確実性)Complexity(複雑性)Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取ってできたことばで、まさに今のビジネス環境を端的に表しています。

次々と生まれる新しいにテクノロジーによって、目まぐるしく変化するビジネス環境のなかで、過去の延長上に将来を描く事が困難になっています。

アスケイドはVUCAに求められる対応と、そのためのシステム開発について次のように取り組んでいます。

Volatility 変動性への対応 アスケイドの開発姿勢
様々な技術動向を素早くキャッチアップし、取捨選択・有効利用することで、最適なアーキテクチャを構築し、迅速なシステム開発を実現します。
Uncertainty 不確実性への対応 アスケイドの開発姿勢
プロジェクトの目標・環境を深く理解し、目標に向けてブレることなくプロジェクトを推進します。
Complexity 複雑性への対応 アスケイドの開発姿勢
合目的で既存の概念にとらわれることなく、柔軟にプロジェクトを推進します。
Ambiguity 曖昧性への対応 アスケイドの開発姿勢
リファレンスの無いシステム開発に取り組んできた実績から、未だ経験したことがなく正解が見えない案件にも積極的に取り組みます。
PAGE TOP